2016年秋に開催される岡山芸術交流のプレイベントとして企画された「前川國男展 -岡山からの提言-」の会場構成とデザインを担当した。
戦前から戦後にかけて日本の近代建築をリードした前川國男。岡山においては、岡山県庁、天神山文化プラザ、林原美術館、と3つの建物を設計されているが、その岡山における前川の痕跡をたどる展示。
前川の言葉から「一筆書き」「増殖」「プロムナード」というキーワードを抽出し、そのキーワードをきっかけに会場のデザインを構成した。
天井高が13mある会場の特性を生かして、浮遊し増殖していくような数々の貴重な資料や各建物のディテールをプリントした布(ボンジ)を天井から吊るし各パートでゾーニングし、その中に借用した模型なども展示。これまで出版されている前川の書籍などから抽出した約100の前川の言葉が配置された言葉の壁とで構成。また、前川が当時使用していたデスクや、交流のあった作家の作品などもあわせて展示している。
告知用のチラシやポスターなどの印刷物も合わせてデザインした。

  • 総合ディレクター:那須太郎|TARONASU|
  • マネージメント:毛利洋壮|電通西日本|
  • アートディレクター:作元大輔|cifaka,inc.|
  • グラフィックデザイン:漣めぐみ|cifaka,inc.|
  • 空間設計デザイン:作元大輔、二宮夕子|cifaka,inc.|
  • 会場写真撮影:内田伸一郎|内田伸一郎写真事務所|
  • 協力:前川國男建築設計事務所
  • maekawa_01.jpg
  • maekawa_02.jpg
  • maekawa_03.jpg
  • maekawa_04.jpg
  • maekawa_05.jpg
  • maekawa_06.jpg
  • maekawa_07.jpg
  • maekawa_08.jpg
  • maekawa_09.jpg
  • maekawa_10.jpg
  • maekawa_11.jpg
  • maekawa_12.jpg
  • maekawa_13.jpg
  • maekawa_14.jpg
  • maekawa_15.jpg

TOP

一覧へ戻る